或ル生体ノ辞書ニ係ル編纂記【クリーチャー×アーティファクト】

そう、たしかにそれは、はじめからそこにあった。しかしそれは、いしきにのぼったときにあらわれ、みえ、つかえるようになった。はたしてそれは、ひぞうぶつなのか、じんぞうぶつなのか。そんなせかいでの、すばらしきひびのきろくを。よんでもなんのかちもないかもしれませんよ。

『フィットボクシング』で体重と腕の太さと足の細さとウエストの質感が、少しずつでもかわっていった。重石をつけて続ける予定だ。 背伸びをして、人生で一番嫌いであった『簿記会計』の勉強をして、一通り一番難しいでであろう領域まで全体像を見通して改めて挑んでみた …
続きを読む